Tag Archives: AWS

PHP

AWS SDK for PHP(バージョン3)を使ってオブジェクトをアップロード・ダウンロードする

AWS SDK for PHP(バージョン3)を使って、S3にファイルをアップロード・ダウンロードする方法を紹介します。公式ドキュメントを見てもいいのですが、実装してハマったところなどがあったので、その辺りの情報も合わせてまとめておきたいと思います。

なお、PHPのバージョンは7.0.2を使用しました。また、サンプルのスクリプトは、コマンドライン上でキックして走らせることを想定しています。

read more »

PHP

PHPを使ってCloudWatch Logsからデータを取得し、4xx系のレポートを作成する方法

前回の記事で、PythonとBoto 3を使い、CloudWatch Logsからデータを取得して4xx系のレポートを作る方法を紹介しました。今回の記事ではPHPを使って、同じこと(CloudWatch Logsから習得したデータからレポートを作る)をする方法を紹介します。

出力するレポートは、昨日と同様に、ステータスコード4xxが発生したパスと、その出現回数を1行にまとめたものです。

/foo.php: 50
/bar.php: 40
/baz.php: 35

動作確認に使用したPHPのバージョンは7.0.1です。また、利用したAWSのSDKはバージョン3?になります。

read more »

Python

CloudWatch Logsからステータスコード404のレポートを作成する方法(Python + Boto 3)

※PHP版も掲載しました!!(PHPを使ってCloudWatch Logsからデータを取得し、4xx系のレポートを作成する方法

CloudWatch Logsを導入するとAWSにログを保存することができます。この記事では、AWS上に保存したログを取得・加工してレポートを作成する方法を紹介します。

作成するレポートは、ステータスコード4xx系が発生したパスとその発生回数をまとめたものになります。フォーマットは下の例のように、パスと回数を1行で表示しています。また、発生回数の多いもの順にソートしています。

/foo.php: 50
/bar.php: 40
/baz.php: 35

なお、レポートの取得や整形はPython(3.5.1)を使い、AWSへのアクセスはBoto 3を利用します。

また、今回のサンプルではレポートをファイルに保存していますが、実際の運用上はメールで送信する方が望ましいと思います。

CloudWatch Logsにログを保存する方法は、AWSのドキュメントを読むのがいいと思います。また、私の過去の記事CloudWatch Logsを使って500系のレスポンスを検知する方法も参考になれば幸いです。

read more »

未分類

【Fabric】作業効率アップ!ELB配下のEC2に対して処理を実行させる方法

FabricAWS CLIを使って、特定のELB(Elastic Load Balancing)配下のEC2インスタンス全てに対して、特定の処理を実行させるスクリプトを紹介します。用途としては、「ELB配下のEC2インスタンス全てでデプロイを実行する」などが考えられます。

read more »

未分類

CloudWatch Logsを使って500系のレスポンスを検知する方法

EC2上で動いているWebサーバが500系のレスポンスを返した時に、メールで通知する方法を紹介します。メール送信を実現するために、この記事ではCloudWatchを使っています。また、WebサーバはNginxの例を紹介しています。

read more »