Xcodeでフォルダを追加する際のオプション

Xcodeで「Add」-> 「Existing Files...」でフォルダを追加できますが、その際に以下のオプションが表示されています。

  1. Recursively create groups for any added folders
  2. Create Folder References for any added folders

これらを、実際に試してみて、どう違うのかを確認したのでメモしておきます。※あくまで実践ベースで、ドキュメント類を参照したわけではないので正確では無い可能性あります

これらの違いは、「Create Folder References for any added folders」で追加するとフォルダに対する参照が作成される点です。一方、「Recursively create groups for any added folders」で追加するとフォルダに対する参照が作成されませんでした。

例えば、「hoge」フォルダの中に「fuga1.png」「fuga2.png」「fuga3.png」があったとします。この時に以下の手順を上記2種類のオプションで実施して結果を見ます。

  1. xcodeのプロジェクトにフォルダを追加する
  2. 「hoge」フォルダに「fuga4.png」を作成する

結果

  • 「Recursively create groups for any added folders」では「fuga4.png」が追加されていない
  • 「Create Folder References for any added folders」では「fuga4.png」が追加されている

※追記

ファイルを指定する際、「Recursively create groups for any added folders」では「ファイル名」を指定する。

一方、「Create Folder References for any added folders」では、「フォルダ名/ファイル名」を指定する模様です。

この記事が役に立った場合、シェアしていただけると励みになります!!