Xcodeで実行するSQLを確認する方法

CoreDataを使ってデータをフェッチする際、実際に実行しているSQLを確認したい場合があります。その場合は、アプリケーション実行時に以下の引数を指定すれば確認できます。

-com.apple.CoreData.SQLDebug デバッグレベル番号

上記引数のデバッグレベル番号は「1」などといった数値で指定し、この数値が大きいほど詳しい情報が得られます。なお、実行時引数の指定は、以下の方法で指定できます。

  1. メニューバーの「Project」->「Edit Active Executable "プロジェクト名"」を選択する
  2. 「Arguments」タブを選択する
  3. 2つある「+」ボタンの内、上にある方をクリックする
  4. 追加された行に、例えば「-com.apple.CoreData.SQLDebug 1」と入力する

この記事が役に立った場合、シェアしていただけると励みになります!!