UITableViewDelegateとUITableViewDataSourceが担うメソッド

以前「Navigation-based ApplicationからUITableViewControllerを外す」というメモを書きました。その際に、RootViewControllerをUIViewControllerのサブクラスに変更し、UITableViewDelegateプロトコルとUITableViewDataSourceを実装するようにしました。

そこで、RootViewControllerにあらかじめ定義されているメソッド群(コメントアウトも含む)の中で、どれが上記プロトコルに属するかを確認したのでメモしておきます。

UITableViewDelegate Protocol

  • tableView:didSelectRowAtIndexPath:

UITableViewDataSource Protocol

  • numberOfSectionsInTableView:
  • tableView:numberOfRowsInSection:
  • tableView:cellForRowAtIndexPath:
  • tableView:canEditRowAtIndexPath:
  • tableView:commitEditingStyle:forRowAtIndexPath:
  • tableView:canMoveRowAtIndexPath:

この記事が役に立った場合、シェアしていただけると励みになります!!