Route 53でメール認証(DKIM)用のTXTレコード追加時に「CharacterStringTooLong 」が発生した場合の解決方法

Route 53でメール認証(DKIM)用のTXTレコードを登録した時に、CharacterStringTooLong (Value is too long) encountered with ...というエラーが表示されました。調べて解決したのでまとめておきます。

経緯と原因

Google Appsのメール認証で新しいレコードを生成するときに、キーを2048ビットが選べることに気がつきました。そして新しいレコードを生成し、AWSのRoute 53で登録を試みましたが、CharacterStringTooLong (Value is too long) encountered with ...というエラーが表示されて登録できませんでした。

03_toolongchars

原因は文字通りですが、文字数制限に引っかかったためです。

解決方法

文字数制限チェックを回避するために、入力のテキストを適当な長さで分割したら解決しました。

分割前:
"v=DKIM1; k=rsa; ...foo...bar...baz..."

↓

分割後:
"v=DKIM1; k=rsa; " "...foo..." "bar..." "baz..."

ちなみに、「"」と「"」の間に改行を入れると認証できませんでした。改行の代わりにスペースにすると認証できました。

参考ページ

問題を解決するために以下のページが参考になりました。

この記事が役に立った場合、シェアしていただけると励みになります!!

この記事に関する質問は@ysk_murayamaでご連絡ください。可能な内容であれば回答します!