Djangoで多言語に対応する方法

以下のようにして、Djangoを使ったアプリケーションをローカライズすることができます。

  1. プロジェクト下に「locale」ディレクトリを作成
  2. ソース、またはテンプレートにそれぞれ「ugettext([KEY])」、「{{% [KEY] %}}」を記載
  3. ターミナルで「django-admin.py makemessages -l [言語コード]」を実行
  4. 言語ファイル「locale/[言語コード]/LC_MESSAGES/django.po」を編集
  5. ターミナルで「django-admin.py compilemessages」を実行
  6. 「settings.py」を開き、「LANGUAGES」を追加
  7. 「settings.py」の「MIDDLEWARE_CLASSES」に「django.middleware.locale.LocaleMiddleware」を追加

※ソース、テンプレートにキーを追加した場合、「django-admin.py makemessages -a」で言語ファイルを更新できます。

※GNU gettextが無い場合は、「http://www.gnu.org/software/gettext/」からソースを取得してconfigure, make, make installするか、MacPortsを使えば導入できます。

この記事が役に立った場合、シェアしていただけると励みになります!!