MacPortsによるpython_selectの使い方

GAE/Pの「deferred library」が2.5しか動かないことので、MacPortsを使ってpython_selectを導入しました。以下、以下のように、簡単に導入することができます。

sudo port selfupdate
sudo port install python2.5
sudo port install python_select

これでpython_selectが使えるようになりました。後は「sudo port select --set python python25」や「sudo port select --set python python27」でpythonのバージョンを切り替えることが可能です。

ただ、上記コマンドを毎回打つのは面倒なので(というより覚えられないので)、.bash_profileにaliasを設定しました。

alias python_select25="sudo port select —set python python25"
alias python_select27="sudo port select —set python python27"

この記事が役に立った場合、シェアしていただけると励みになります!!