ConfigParserを使って設定ファイルを読み込む方法

Pythonには「ConfigParser」というクラスが用意されており、これを使うと簡単に設定ファイルを利用することができます。※ 追記: Djangoのsettings.pyみたいに、pythonのモジュールとして用意した方が便利かもしれません。

例)

--- conf_test.py ---

import ConfigParser

CONF_FILE = "conf.ini"
DEBUG = True
# DEBUG = False

def main():
    conf = ConfigParser.SafeConfigParser()
    conf.read(CONF_FILE)
    section_name = "production" if not DEBUG else "development"
    print(conf.get(section_name, "key1"))  # Print test_val1.
    print(conf.get(section_name, "key2"))  # Print test_val2.

if __name__ == "__main__":
    main()
--- conf.ini ---

[development]
key1=test_val1
key2=test_val2

[production]
key1=val1
key2=val2

※ 「conf_test.py」と「conf.ini」は同一ディレクトリに配置する必要があります。

この記事が役に立った場合、シェアしていただけると励みになります!!